撮影

スマホで周囲に見せたくなる花火大会の撮影方法。

光 室積 花火大会

花火大会を友達に見せたいけどうまく撮れない・・・

スマートフォンの性能も上がってきて、すこし設定してあげるだけでで花火も上手に撮れるようになります。

友達に見せたくなるような花火の写真を、iPhoneやAndroidなどのスマホで撮るコツをまとめます。

花火が始まる前に

プログラムの入手

自治体や、実行委員会が花火大会のプログラムを発行している場合がありますので事前入手しておきます。

プログラムがあれば次にどんな花火が打ち上げられるか把握できるので、気持ちに余裕ができます。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
 家族や友達にも喜ばれるよ

バッテリーの充電、メモリ空き容量

花火大会の間カメラを起動していると、バッテリーの消耗が激しくなります。
待ち時間も、スマホいじりをしてしまいがちです。
予備バッテリーを準備して直前まで充電しておきましょう。

花火大会の撮影は楽しいものです。連写や動画撮影などで、想像以上に撮影を行います。

スマホ内の写真の整理などしてストレージの容量を空けておきましょう。

クライマックスで空き容量無しになったらすべてが台無しです。

場所取り

花火大会はたいへん混雑しますので、有料席やカメラマン席があれば予約するのもひとつの手です。

しかし、スマホの撮影のよい点は気軽に撮影できる事なので、楽しく快適に見る事ができる場所を確保できれば充分です。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
 混雑してるから、それが難しいんだよ

早めに行動してよい場所を取りましょう。近場の花火大会なら下見をしておくとよいでしょう。

場所取りが終わったら、どのあたりに花火が打ち上がるのかイメージしておきます。仕掛けが見える、明るい時間帯に場所取りをすませるのが理想です。

花火の撮影

スマホの設定と固定

花火だけを撮る場合はフラッシュはOFFにしておきましょう。手前に花火以外の被写体を入れたい場合はONで構いません。

HDRもOFFにしておきます。HDRとは何枚かの写真を連続で撮影し合成する機能です。動きのある被写体には向きません。

大前提ですが、デジタルズームは使用できません。明らかに画質が悪くなります。

光学ズーム ⇔ デジタルズーム

一部のAndroidスマホには光学ズームが搭載されているようです

保存する画質は最高画質にしておきましょう。後でトリミングなど画像加工する時に役立ちます。トリミングにはズーム効果もあります。

岩国港花火大会トリミングの例

Androidスマホの中にはデジカメ並みの設定項目がある物もあります。設定に「夜景モード」「花火モード」があれば積極的に使っていきましょう。

Xperia Z5 設定画面

ただし「夜景モード」などはシャッタースピードが遅くなりますので、ブレる可能性があります。スマホを両手で持ち脇をしめて体をしっかり固定しましょう。

iPhoneなどサイドボタンで撮影できる機種でしたらサイドボタン撮影がオススメです。画面をタッチするよりもブレを大幅に減らす事ができます。

三脚があればベストなのですが、大きな三脚はかさばるのでスマホ撮影では必須とはいえません。

ゴリラポッドは柱などに絡ませる事ができ、かさばらないので念のためカバンに入れておく事をオススメします。

 

ゆっくりくん
ゆっくりくん
 使える状況にできれば、固定が楽になるよ

 

フラッシュ → OFF
HDR → OFF
デジタルズーム → OFF

 

すこし高度な設定

せっかくだからカメラアプリなどを利用して、こだわりの設定をしたいという場合です。

ISO感度

ISO感度とはカメラが感じた光を、カメラ内でどのくらい増幅させるかという指標です。

数字を大きくしすぎるとノイズの原因になります。

花火の光自体はとても明るいので、大きくしすぎないようにしましょう。

ISO感度は100で大丈夫でしょう。

花火が暗いようでしたら200にしてもよいと思います。

ホワイトバランス

ホワイトバランス本来の使い方は、白をどのような光源の元でも白として写すための補正機能です。

デジカメではこの機能を逆手に取り、色合いを強調するために使われることが多いです。

ホワイトバランスが自動のままですと、花火が見た目より華やかさがなくなる場合があります。

ホワイトバランスはを太陽光を基本にします。

花火を赤くしたければ日陰や曇天に、青くしたければ電球や蛍光灯にしましょう。

 

フォーカスモード

 

フォーカスモードはマニュアルフォーカス(MF)にしておきましょう。オートフォーカスで花火にピントを合わせるのは困難です。

MFに設定したら、明るいうちに仕掛け台などにピントを合わせておくと、暗くなってからあわてなくてすみます。

iPhoneの場合はカメラの撮影画面で、画面の撮りたい対象を長めにタップすると「AE/AFロック」状態にする事ができます。

明るさやピントを固定しますので、花火撮影にオススメな機能です。

岩国港花火大会

まとめ

花火撮影のコツをまとめてみました。

実際の花火大会では、打ち上げが始まってから設定を追い込んでいく事になります。

序盤でよい設定が出せないと思ったら、バーストモードなどで連写するのも有効な手段です。

失敗しても後で消せるので、とにかくたくさん撮りましょう。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
 300~400枚は撮ってるかなぁ

スマホのカメラは、コンデジを駆逐してしまうほど高性能化しています。たくさんの花火写真の中には必ずベストショットがあるはずです。あきらめずに大量に撮っておきましょう。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
 どうしても難しいなら最終手段は動画で撮ろう

 

お気に入り、一枚撮れれば大成功

RELATED POST