家計

宝くじ購入で金持ちになる準備。

いわしのむれ

宝くじで一攫千金。毎週買いに行くのは面倒なので、5週間に一度だけロト6を買っています。数字は適当に5回連続で購入して1000円払います。特に当たりを調べるでもなく次回購入するときに調べてもらっておしまいです。当たらないので(笑)

1000円はイメトレ代

誰しも「宝くじに当たったら何に使う?」という妄想で盛り上がったことがあるでしょう。学校や職場で定番の話題だと思います。当たらない宝くじを買うのはその妄想にリアリティを与えるためです。

ロト6で一億円当たったら?

・家を建てる(もしくはローン返済)

・高級外車を買う

・ファーストクラスで海外旅行

・仕事を辞める

普段の会話で出てくるのはこんなところでしょう。貧乏人の思考は(あえてキツイ言葉を使います)入ってきたお金を自分の遊興費・生活費(豪華な)に使うことを考えます。そして仕事を辞める行動派もいるかもしれません。最初に大きな買い物をして無駄に上がってしまった生活レベルを戻すことができずに数年ですべて使い切ってしまうでしょう。

私は「自分が働くのが嫌いだからお金に働いてもらう。」とよく答えていました。しかし場がしらけるので最近は言わなくなりました。休憩時間のバカ話でお金のことを真面目に語っても、誰も求めていないですから。いかに豪快に当選金を使うかのほうが会話としてはウケますしね。

金持ちの思考は泡銭であっても元金を減らさない、お金に働いてもらうように考えます。今の生活にもし少しでも泡銭が入ってきたらどうするのか?今の生活を大きく変えることなく泡銭を有効活用するとすれば投資を勉強することが一番リスクがすくないでしょう。

一億円をある程度安全な大型株に分散しておけば、配当が年利2%としても年収が200万増える計算になります。(税引き前)もちろんもっと攻めた投資のイメトレを行ってもいいでしょう。

宝くじに当たらなくてもできること

招き猫 豪徳寺

一億円で無くても100万だったらどうでしょうか。2万円年間お小遣い貰えます。500万だったら10万円お小遣いです。投資の知識経験が付いてきて500万円ほど種銭があれば、突風が吹いて8桁でお金を運用することも夢ではないです。20代30代の方は今すぐ始めて損は無いと思います。

50代でまったく投資経験が無い場合、在職中に生活にプラスを与えるようなお金の運用は難しいと思います。しかし60歳で退職金をもらった時、まとまったお金を前にして投資経験が無ければどうしてよいかわからなくなるでしょう。銀行に勧められるままに投資信託を購入でしょうか・・・それとも信用取引で根拠の無い大勝負にでますか?定年後にまとまった損失を出してしまったらリカバリは不可能です。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
 宝くじに当たった妄想してみませんか。楽しいですよ。

 

 

RELATED POST