自転車

肥満体型とカーボンロードバイク

肥満サイクリストがまったりサイクリングに使うだけでもフレーム材質の違いは顕著に載り味に影響してきます。

その中でも最先端の素材であるカーボンフレームをデブ目線で考察してみたいと思います。

フレーム素材としてのカーボン

カーボンとは

カーボン素材とは簡単に言うと炭素繊維で強化されたプラスチックです。炭素繊維と樹脂で成型し熱処理を加えガラス化させて仕上げたものです。

カーボン素材の特徴は、強度に対して非常に軽量なことです。同じフレーム素材であるクロモリに比べると同じ強度ならば軽量なフレームを作ることが可能です。

これはグレードの高いカーボンを使うほど顕著になります。

グレードの高いカーボンは剛性、強度が有りフレームを薄く作ることができるため軽量になります。また、しなりが少なく、ペダルに加えた力をダイレクトに路面に伝えることが出来ます。

逆に考えると、グレードの低いカーボンは必要な強度を出すために厚みが増えてしまい、思ったほど軽くはならないと言うことです。

しかしグレードの低いカーボンが必ずしも劣っているわけではなく、衝撃吸収性は適度な剛性を持つグレードの低いカーボンの方が優れています。

このカーボンのグレードによって特性が変わってくる特徴を利用して様々なサイクリスト(レーサー)に向けたフレームの設計ができることがカーボンフレームの優位性の一つです。

どのような乗り方がしたいのか明確に決めてから目的にあったフレームを購入しましょう。多少高価な買い物になりますが、カーボン素材のポテンシャルを発揮することができるでしょう。

そういう意味では、現在のところスポーツ自転車の素材として一番理想的と言えます。

カーボンのメリット

カーボンフレームの一番のメリットはカーボン繊維を樹脂で固めて成型するためにフレーム設計の自由度が高いことです。

空気を切り裂く刃のようなエアロもありますし、カムテール理論など新しい空気力学もすぐに取り入れて成型し製品化することができます。

BB周辺のようにパワーがかかる所は太く強度を出し、振動を吸収するために複雑な成型をしています。

このように必要とされる性能をそれぞれの場所に合わせてフレームをつくることが可能なのです。

副産物的に、先進的で独特なデザインのフレームもよく見かけることになります。その点でも、他の人と差をつけるのにうってつけのフレームとなります。

グレードの高いカーボンを使ったフレームは、路面へのパワーをダイレクトに伝えるために自転車とは思えない加速をしていきます。

他のどんな素材でも出せない唯一無二の乗り味となりますので、カーボンフレームの購入を考える時は是非ハイエンドモデルの検討をオススメします。

ひとことで言うと

 楽しい

カーボンのデメリット

カーボンフレームのデメリットとして衝撃に弱いことがあります。

強い衝撃を受けた時に外装に問題なくても、内部剥離を起こしていることがあります。

見た目ではわかりませんので、不安ならば専門業者の超音波による非破壊検査を行うこともできます。ただし、費用はそれなりにかかりますので、エントリーモデルのフレームで検査するかどうかは微妙なところです。

樹脂である以上、紫外線による経年劣化も避けられません。塗装のコンディションを整え少しでも劣化を防ぐことが必要です。

ひとことで言うと

 神経質

肥満サイクリストとカーボン

肥満体型ならではのカーボンフレームに乗るメリットは、デブのパワーを余す所なく路面に叩きつけることのできる剛性にあります。

TREK Madone 9 H1FIT 那覇空港にて

高価なハイエンドモデルを選択することが剛性面で理想です。エントリーモデルはフレーム剛性が高くないので大質量のパワーで踏み込むと力が逃げている感じがありますが、ハイエンドモデルは踏んだ分だけ路面に力が伝わりグングン加速していきます。

平地のみですがデブが輝く瞬間です。ハイエンドモデルに乗った時に感じる漕ぎの軽さはこの剛性のおかげです。

初めてのロードバイクを選択する場合などハイグレードカーボンの取り扱いに不安な場合などは、重量は重くなるかもしれませんがエントリーモデルでもエアロ形状で縦剛性のあるもので大丈夫です。

ハイエンドモデルは反発力が高すぎて、脚が疲れるからビギナーには向かないとよく言われますが肥満体には当てはまりません。

上半身の脂肪によってどんな自転車に乗っても脚は疲れます。それよりも体重が多いことから生み出されるパワーを路面にすべて伝えることのほうが重要です。デブの持久力は開きっぱなしの蛇口だと思ってください。少しも無駄にすることはできないのです。

カーボンの特徴は軽いことだからと言って、軽さだけで選ぶことは避けましょう。デブに必要な剛性が足りない恐れがあります。ヒルクライムをやるわけではないので軽さ最優先で選ぶ必要はありません。

フレーム選びを間違えなければ自転車とは思えない走りをみせるカーボンロードバイクですが、高価な買い物です。試乗会などに参加してじっくり探しましょう。

 

RELATED POST