自転車

肥満体型とクロモリロードバイク

私はカーボン、アルミ、アルミ+カーボン、クロモリなどのフレームを購入してサイクリングに使用しています。

その中でも肥満サイクリストに向いているクロモリ素材のフレームをデブ目線で考察してみたいと思います。

フレーム素材としてのクロモリ

クロモリとは

自転車の素材としての鉄はクロモリ(クロムモリブデン鋼)が、ほぼ使われています。鉄にクロムとモリブデンを添加した合金です。

鉄に混ぜ物をして性能をアップさせているイメージです。

鉄の一種ですのでクロムとモリブデンを添加して自転車素材向きの性能UPをしていますが、同じ強度でフレームを作ろうとするとカーボン、アルミに比べ重量が重くなります。

雨の中走ると錆びてしまうのもカーボン、アルミと比べて弱点です。

サイクリング用として休日にロードバイクに乗る場合は、雨天の時は乗らないでしょうから気にしなくてもよいでしょう。

クロモリのメリット

一般的にクロモリはアルミよりも衝撃吸収性が高く、乗り心地が良いです。

肥満体の体重を支える手首の疲れは、私が所有しているアルミ、カーボン(エアロ+ハイエンド)より確実に少ないです。

また、丈夫なので他の素材よりも扱いに神経質になる必要がありません。

衝撃が加わったときには傷が目に見えますのである意味安心です。カーボンは外観が無傷でも内部剥離している可能性があります。

国内のメーカーのフレームならば比較的ハイエンドモデルでもカーボンに比べて安価な点もクロモリのメリットです。(ヨーロッパの芸術的なフレームは高価です)

ひとことで言うと

 やさしい

クロモリのデメリット

よく言われることですが、他の素材より重いです。私が所有しているタイレルRXは1.5kgの重量です。アルミやカーボンですと1kg程度が標準です。

錆が発生しますので雨天時に使用した場合、メンテナンスをしてあげる必要があります。

衝撃自体には強いのですが、素材としては柔らかいのでぶつけるとえくぼのような傷が簡単に付きます。

ひとことで言うと

 錆びる

肥満サイクリストとクロモリ

クロモリはロードバイクのフレームの素材として、良くも悪くも普通です。オーダーフレームも比較的容易に作ってもらうことができますが、素材や積層でフレーム特性をコントロールできるカーボンフレームには太刀打ちできません

クロモリは終わった素材なのでしょうか?

そんなことはありません、趣味の肥満サイクリストには最適のフレーム素材です。

他の素材に比べてクロモリ素材のフレームは、決して軽い方ではありません。
しかし適度に剛性があるため、肥満体の重量でペダルを回してもしっかりと自転車に乗っているという感覚になります。

また反発力でなくしなりで肥満を受け止めてくれるため、疲れにくいです。その分スピードは少し劣りますが、長い時間をマイペースで走れるサイクリングにはこの絶妙なフレームバランスが最高の味わいになります。

肥満体型でサイクリングするときは丁寧に扱っていてもフレームに負担をかけますので、クロモリのおおらかさは安心感があります。肥満体でゴリゴリペダルを踏んでもフレームに金属疲労が溜まることはないでしょう。

また、輪行に使用する場合クロモリの頑丈さはとても頼りになります。万が一傷がついても比較的容易に修復が可能です。

デザイン的な面でもトップチューブが地面と水平なホリゾンタルフレームが多く、ボトルをボトルケージから取り出したしやすい点も水分補給に神経質な肥満サイクリストに好適です。

海中道路とタイレルRXタイレルRX

 

比較的手ごろな価格のアルミフレーム、使用目的によって細分化されたカーボンフレームなど魅力的なフレームが増えています。最初の一台としてクロモリを選択することはあまりないかもしれませんが、趣味の自転車として複数所有する場合は使い勝手の良さから必ず一台購入することをオススメします。愛着のある一台になること間違いなしです。

 

RELATED POST