自転車

肥満体型が自転車に楽しく乗るための車体の選び方。

私は約100Kg体重がありますのでロードバイクを乗った時に、機材トラブルの可能性が高いです。それでもロードバイクを選択しています。

ロードバイク、クロスバイク、MTBなどスポーツ自転車で100kgを超える肥満体型で乗ろうと思った時に注意するべきことをまとめます。

スポーツ自転車を扱っているお店で扱っているメーカーのものを購入することが前提です。自動車メーカーの名前が入ったフレーム、通販での購入はドラブルが起きた時に粗大ゴミになる可能性が高く、また走行中に下り坂でトラブルが起きると重大な事故にります。

きちんと正しいアドバイスをもらえる自転車屋さんを探しましょう。必ず起きるトラブルに非常に強い味方になってもらえます。お店の中にはロードバイクで速く走ることがすべてみたいなとっつきにくい常連さんがいると思いますが、ベクトルが違うので大丈夫です。

車体のタイプ

一般的にサイクリングに使える自転車は、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク(MTB)になります。

クロスバイク

車両価格 5万~15万

タイヤサイズ 700c 28c~32c

肥満体型でダイエットを始めようとして最初に検討するのはクロスバイクだと思います。街の中を移動するには充分な性能をもっており50km程度のサイクリングも可能です。(それ以上は圧倒的にロードバイクが快適になります)

フレームと、ホイールもしっかりしたものが使われており肥満体の重量をしっかり受け止めることが可能です。

変速段数など気にする必要はありません。出せる予算で決めましょう。

ディスクブレーキ装着車を選んだほうが快適にサイクリングできるでしょう。

比較的安価に購入することができますが、ロードバイクの走行性能が欲しくなって、カスタマイズしてもロードバイクにはなりません。またMTBにしようとしても無理です。

物足りなくなったら、あきらめて次を買うことになります。しかしとりあえず安く始めてみたい方、通勤通学に使用したい方にはオススメです。

 

ロードバイク

車両価格 10万~

タイヤサイズ 700c 23c~25c

趣味で自転車を始めたい方にはロードバイクを購入することが無駄が無くてよいです。

タイヤは23cのものでも大丈夫ですが、25cのほうがより安心して体重を支えることができるでしょう。ただしパンクは肥満である以上多くなりますので、空気圧は必ずチェックして、空気圧低下によるしょうもないパンクは避けるようにしましょう。

肥満体に特にありがたいロードバイクのメリットは、なんといっても肥満の重量が分散されること。程よい前傾姿勢とドロップハンドルが手首とお尻への負担を減らしてくれます。身体の痛みはサイクリングにとても不快なものですが痛みが出にくくなることでより長距離の移動を可能にします。

デメリットとしては価格がクロスバイクに比べて高いことでしょうか。105以上のグレードを使用したロードバイクとなると20万程度、ペダルや空気入れなどの必要な付属品を購入すると3万は追加で必要です。

車両価格が上がることで盗難にも注意しなければなりません。

完全にサイクリング専用として使う、同じ距離ならさっさと帰ってきて家でビールといった使い方にはロードバイクがよいでしょう。

肥満体型とアルミロードバイク肥満目線でアルミバイクを考察してみます。私も最初のロードバイクはアルミでした。人の力だけで、時間さえあればどこまででもいけるロードバイク...
肥満体型とカーボンロードバイク肥満サイクリストがまったりサイクリングに使うだけでもフレーム材質の違いは顕著に載り味に影響してきます。 その中でも最先端の素材であ...
肥満体型とクロモリロードバイク私はカーボン、アルミ、アルミ+カーボン、クロモリなどのフレームを購入してサイクリングに使用しています。 その中でも肥満サイクリスト...

MTB

車両価格 7万~

タイヤサイズ 26、27.5、29インチ(タイヤ径、舗装路ではスリックタイヤ推奨)

MTBは未舗装路を走ることに特化した自転車です。舗装路のサイクリングではタイヤ交換しましょう。29インチ径のMTBならば700cのタイヤが流用可能です。幅については28cのタイヤも付きますがバランスが悪いので35cあたりが見栄えがよいと思います。

カッコよく見えるフルサスのMTBなどに憧れるかもしれませんが、肥満体はリアサスのセッテイングの範囲を超えてしまうので乗る事ができません。サスが沈み込みすぎてまともに走ることができないでしょう。サスの沈み込みは試乗車で体験済みでキャノンデールの営業マンをかなり困らせました・・・おとなしくハードテイルのMTBを購入しましょう。

体重が120kgを超えていて、ロングライドイベントに出る予定が無い場合も、MTBでしばらくダイエットをして体重を落としましょう。

NINER AIR9 CARBON 芦ノ湖にて

私はSCHWALBE BIG APPLE 29×2.35に換装したMTBで、横浜スタジアム~芦ノ湖往復(150km)しました。やってやれないことはありませんが次はロードバイクで走ります・・・

MTBはそもそも長い時間走る為の自転車ではないため、こつこつ毎日ダイエットに時間を取れる方はMTBでもよいと思います。部品の作りもロードバイクに比べてしっかりしていますし、クロスバイクと違ってそのあと山に目覚めても無駄になりません。

 

まとめ

 

肥満の状態で自転車に興味を持つと言うことは、ダイエットをしたいと言うことだと思います。私もそうでした。

クロスバイク

通勤、通学、買い物など生活にダイエットを取り入れたい人

ロードバイク

休日に長距離サイクリングに出かけたい人

MTB

120kg以上ある人

特にこだわりが無ければ、ロードバイクでダイエットを開始することをオススメします。乗っただけで痩せるわけではありませんが、健康増進には間違いなくよい効果があります。

肥満体型が自転車に楽しく乗るための機材の選び方。肥満体型のロードバイクパーツ選びを考察してみました。肥満体の重量は自転車のパーツにかなり負担をかけています。 60kgの標準体型を...
RELATED POST