自転車

【ロードバイクは腹が減る】重量級サイクリストとカロリー補給の関係(初心者向け)

ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX

ロードバイクはとにかくお腹が減ります。

それはサイクリングが持続可能な運動で、体に蓄えられたグリコーゲンをかんたんに枯渇させてしまうからです。

サイクリングとエネルギーマネジメントについては、「ロードバイクの科学」という本が詳しいです。

新品はもう販売されていないようですね・・・ロードバイクブログでもこの本をパクって記事を書いたなぁというブログがあります。

それくらい数字を多用して、説得力がある本になっています。

ロングライドとエネルギーマネジメントの項目については「ロードバイクの科学」P113~P114にありますので是非ご覧になってください。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
6時間150kmを4時間100kmに直しただけの記事とかあるからな・・・ツール選手のくだりまで・・・

この記事は、カロリーとかジュールとかワットとか、カロリー消費計算の数式に当てはめるところは省略します。

ロードバイクはお腹が減るというところから、肥満体や初心者の方向けにサイクリング中いちばん気になるカロリー摂取のみに焦点をあてて、楽しくサイクリングできるように紹介していきます。

ダイエット目的のサイクリングは、

カロリー摂取のタイミングを変えずにカロリー総量を少なくしましょう

デブとサイクリング中のカロリー補給

自転車に乗る前に、いちばんピッタリな食べ物は何でしょうか?

ロードバイクの科学」では、カロリー補給の基準が「おにぎり」になっていますので、コンビニのおにぎりが最高という人もいますし、やっぱり「あんこ」でしょうということで、「あんぱん」を推す人もいます。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
ロードバイクの科学の中では「オニギリ」な

カロリーメイトなど機能的な食品を好む非常に合理的な方もいるでしょう。

カップラーメンならば、塩分も一緒に補給できるために必ずサイクリング前に食べている方も身近にいます。

メガ牛丼なども、有力な選択肢ですが、見知らぬ土地のサイクリング前に都合よくお店があるとは限りません。

すき家
【キング牛丼】ダイエット中でも食べたい!コスパ最強のすき家裏メニューを気持ちアレンジしてみた並盛6倍のインパクトは尋常ではありません。でも、逃げるわけにはいかない・・・ 手軽にたんぱく質と炭水化物が補給できる牛丼は、栄養の...

ダイエット目的ではないサイクリング、サイクリングイベントなどで楽しく走りたい場合、これまでの経験から「カップ焼きそば」が適しているように感じています。

スープの有るカップラーメンよりも麺の量が多いためカロリーも多めです。

ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX
【箱買い】ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX完食と驚愕のカロリー!コンビニに無い理由ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAXを購入して食べてみました。 通常のペヤングの4個の量で、気になるカロリーは21...

ペヤング やきそば 超超超大盛 GIGAMAXシリーズはサイクリングどころでは無くなるため、オススメはできませんが普通の大盛ならば1000kcalをかんたんに摂取することができます。

カップ麺は消化が悪いので、長い間お腹にたまります。標準体型のサイクリストならば100kmのサイクリングをこなせるカロリーではないでしょうか?

総消費カロリー2000kcal、体内のグリコーゲンと脂肪を50%の1000kcal消費と仮定

消化が悪いということは、内臓に負担がかかりますので胃腸の弱い方は標準サイズにしてもよいでしょう。それでも、カップラーメンの2倍ほど麺を食べることになります。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
基本的には好きなものを食べよう

サイクリング中にお腹が空いたら

思わぬオーバーペースなサイクリングなど、予想できない状況で空腹になることがあります。

お腹が空いたということは、エネルギーが枯渇している状態ですでに手遅れになっています。

炭水化物ではなく、糖質を補給しましょう。

程度にもよりますが、てっとり早いのはコーラなどブドウ糖がたっぷり入った清涼飲料水です。500mlのペットボトルで250kcalほどのカロリー補給ができます。

水分補給とカロリー補給が一緒にできますので、私もよくお世話になっています。

残りの走行距離との相談ですが、残り25kmくらいならば逃げ切れると思います。(個人差とペース、勾配によりますが)

もし、先が長いようでしたら、炭水化物の固形物を摂っておきましょう。

休憩ポイントや休憩時間にもよりますが、現実的には「おにぎり」「調理パン」の二択になると思います。

そのような状態になると、おそらく、体内のミネラル分も枯渇していると思われます。

痙攣など起こしてしまうと、サイクリングが楽しめませんのでミネラルも補給しましょう→【ロードバイク】サイクリングによる痙攣、こむら返りの解決方法

サイクリング痙攣
【ロードバイク】サイクリングによる痙攣、こむら返りの解決方法ロードバイクやクロスバイクに乗り始めると、ロングライドにチャレンジしたくなります。どこまでも行けそうな爽快感はスポーツ自転車ならではの楽...

まとめ

ロングライドと、カロリー補給について紹介しましたが、グルメライドなどでは、この限りではありません。

その土地の美味しい食べ物を味わうために、ジャンクな食材はできるだけ摂らない方が良い結果になります。

サイクリングの距離と、移動時間からおおよその消費カロリーを割り出し、その半分のカロリーをサイクリング前、サイクリング中に摂りましょう。

サイクリング後は、壊れた体内組織の修復に努めるためにカロリー摂取よりもタンパク質などの栄養素を摂るようにしましょう→【デブ補給】重量級サイクリストだから適切に摂りたいBCAAとロードバイクの関係

ロードバイク サプリ
【デブ補給】重量級サイクリストだから適切に摂りたいBCAAとロードバイクの関係肥満体型でロードバイクに乗っているときに気をつけないといけないのが、翌日の疲れです。 デブは通常より多くのカロリーや、体内のさまざ...
ゆっくりくん
ゆっくりくん
好きでデブをやっているわけじゃないからな
RELATED POST