雪遊び

スノーボードの3点セットの性能は?レンタル?初心者にオススメの選び方

スノーボード

初心者がスノーボードを始めるときに悩むのが、レンタルで済ませるのか、それとも思いきって板を購入するのかという二択です。

おそらくこの記事を読まれている方は、何回かレンタルでスノーボードを楽しんだ後にマイボードを購入しようか、このままレンタルですませてしまおうかと悩んでいるのではないでしょうか?

ゆっくりくん
ゆっくりくん
これからスノーボード続けるのならば、マイボードを購入しよう

レンタルボードでゲレンデを滑ることのデメリット

レンタルボードとマイボードそれぞれメリットがあります。滑りに行く回数でどちらがいいかは変わってきます。

レンタルボードとマイボードのデメリットはどうでしょうか?滑りに行くたびに直面するデメリットがあります。

それは、レンタルボードをを借りるための時間です。

まず、受付をするために時間がかかります。レンタルに並んでいる人は初級者が多いので、きれいにレンタル待ちの列がさばけるかは運任せです。

ブーツのメーカーも毎回違うかもしれません、ブーツを合わせるための時間がかかります。

ヒトリストならまだしも、仲間内でゲレンデに同時に到着したらレンタルの時間だけ忙しくなりますし、周りを待たせてしまうことになります。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
ということで、買いましょう

スノーボード3点セットはお買い得か

スポーツ量販店で売られている、3点セットはどうなのかという質問をよくされます。

どうなのかと言われたら、悪くはないんじゃないですかとしかいえません。もしブーツ、ビンデイング、ボードにこだわりがあるとすれば、そもそも、3点セットは選択肢にないでしょうから。

結局、質問の内容は「安く売られているけど、これで大丈夫ですよね?」っていう確認ということです。

スノーボードの道具は意外に寿命が短く、何年か先には必ず買い替えることになります。

ですから、その時の予算が許す限りのセットを購入したので構わないと思います。

3点セットなどを、とりあえず購入して滑ってみて、もの足りない部分を次の道具選びの時に生かせればよいのではと思います。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
ガンガン滑ろう

3点セットの選び方

3点セットを選ぶときには、つい板のメーカーやデザインから探してしまいがちです。

いちばん最初に決めてほしいのは、ブーツです。これは量販店に出向いて、メーカーごとの感触を確かめるのが理想です。

足に合うブーツを履いていないと、痛みが出たりして、スノーボードが楽しくないですし、上達も遅くなります。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
レンタルにするにしてもブーツは購入しておきたいところ

もし、通販でカッコいい板を見つけてそれを購入したいと思っていても、ブーツは量販店で購入して、通販は2点セットにしておくのがオススメです。

どうしてもブーツが量販店で買えないならば、足の形に合うメーカーを調べておくとよいでしょう。

レンタルで滑ったときに気に入ったらメーカーを覚えておくとよいです

つぎは板です。おそらく3点セットの気になるデザイン、メーカーのみで選んでいるはずですので、残る項目の長さを決めていきましょう。基本は身長マイナス10~15cmと言われています。

身長が175cmの人ならば160cmぐらいのものが基本になります。しかし、フリースタイルボードで160cmは長い部類に入ります。

私が肥満体だから思うのですが、身長で、ボードの長さで決めるのは実はあまり意味がなく本当に重要なのは体重なのではないかと感じています。

体重が軽い人が長い板を振り回すと、うまく加重できずに取り回しが悪くなります。

小柄でも、筋肉質でパワーがあれば長い板でも十分取り回しが可能です。

もしも私のように肥満体ですと、あまりにも短い板は、パウダーに当たった時に沈んでしまう可能性があります。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
沈まないように重心移動すると足が疲れるんだな

とはいえ、基本がわからないと、遠回りになってしまう可能性があるため、極端な体型をしている方以外は、言われている通りの長さを選択したので良いと思います。

ビンディングはMかLかくらいしか選択肢はないと思うので、ブーツの大きさをよく確認して購入しましょう。

オススメスノーボードセット

3点セットといっても有名メーカーのものもあります。

ロシニョール、HEADといえばスキー板でも有名なメーカーです。それがこの値段で販売されているのが驚きです。

3点セットのブーツに不安がある場合は2点セットにしておくのもひとつの方法です。

もしセットでなく個別でそろえていくことになると、10万くらいの予算を考えておく必要があるでしょう。

まとめ

3点セットは良くも悪くも普通で取り回しがよく、誰でも扱うことができます。

ある程度の上達をしてくると、いろいろな滑りをしたくなってくると思います。パークに行くのか、カービングを極めるのか、それともバックカントリーへと・・・

そのように次のステージが見えてきたときは、買い替え時が来たということになります。

ゲレンデに通っていくうちに必ず見えてくるものですので、それぞれのウインタースポーツスポーツシーンを盛り上げていきましょう。

余談ですが頭部の保護は大切です。スノーボードでケガをする前にこちらもご覧ください。

スノーボードヘルメット
【スノーボード】ヘルメットを着用する5つメリット!スタイル別に失敗しない選び方スキーヤーやスノーボーダーのヘルメット着用率は年々増加しています。 ウインタースポーツでヘルメットを着用するべき理由とヘルメットと...

スノーボードはレベルに係わらず頭を強打する可能性があります。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
安心感があると上達が早い
RELATED POST