雪遊び

【冬山】K2 AVALANCHE PROBE CARBON 230 準備しておきたいアバランチギア長さはどうする?

K2(ケーツー) AVALANCHE PROBE CARBON 230 (アバランチ プローブ カーボン 230)

バックカントリー三種の神器ひとつのプローブ、K2(ケーツー) AVALANCHE PROBE CARBON 230 (アバランチ プローブ カーボン 230)を購入しました。

プローブとは、雪崩で人が埋まったときに雪に突き刺して人が埋まっている場所を特定するための棒です。

当然ですが、雪山でプローブをリアルで使ったことはありません。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
いばるな

【DEUTER Free Rrider Pro 30】冬山遊びでマストなリュックはカメラバックとしても真価を発揮

DEUTER(ドイター) Free Rrider Pro 30(フリーライダープロ30)
【DEUTER Free Rrider Pro 30】冬山遊びでマストなリュックはカメラバッグとしても真価を発揮バックカントリースキー用として所有しているDEUTER(ドイター) Free Rrider Pro 30(フリーライダープロ30)は、ス...

プローブとは

プローブ(ドイツ語はゾンデ)は、長さ40〜50cm程度の目盛りが書いてある棒をワイヤーでつなげておいて、使用するときに一本の長い棒に組み立てて、積雪の深さを測ったり埋まった人を探したりします。

使わないときは折り畳んで、収納することができます。

K2(ケーツー) AVALANCHE PROBE CARBON 230 (アバランチ プローブ カーボン 230)

プローブの素材は、カーボンとアルミが主流です。究極に軽くしたい場合はカーボンの方が良いですが、ハードに使いたいときはアルミの方がオススメです。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
使ったことはないけど、材質的にカーボンは割れそう

価格はほとんど差はなく、カーボンの方が多少高価といったところです。

K2  AVALANCHE PROBE CARBON 230

長さは230cmと販売されているプローブとしては短めのタイプとなります。

DEUTER(ドイター) Free Rrider Pro 30(フリーライダープロ30)に収納することを前提に選択しました。

K2(ケーツー) AVALANCHE PROBE CARBON 230 (アバランチ プローブ カーボン 230)

目盛りもしっかりと刻んであり、使ううちに目盛りが取れてしまったということもなさそうです。

K2(ケーツー) AVALANCHE PROBE CARBON 230 (アバランチ プローブ カーボン 230)

いちばん上部の目盛りは195㎝です。

K2(ケーツー) AVALANCHE PROBE CARBON 230 (アバランチ プローブ カーボン 230)

ハンドル部分まで含めて230㎝になります。

ハンドル部分のへこみは最初指をかけて持ちやすくするための物かと思っていましたが、収納したときにパイプをハンドルのへこみに合わせてコンパクトに収納するためのものです。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
組み立てはかんたん

K2 AVALANCHE PROBE CARBON 230リュックへ収納

K2 AVALANCHE PROBE CARBON 230を持ち出すためにリュックに収納してみました。

DEUTER(ドイター) Free Rrider Pro 30(フリーライダープロ30)に、ちょうどプローブを挿しておく用であろうポケットがあります。

BCA Shaxe Speed Avalanche Shovelのシャフトと同時に収納してみました。

BCA(ビーシーエー)ピッケル+ショベル Shaxe Speed Avalanche Shovel スピードアバランチショベル

少し上部に余裕があるために、BCA Shaxe Speed Avalanche ShovelのT型ハンドルを付けたまま収納できたのでこの組み合わせは良かったと感じています。

まとめ

グループリーダーでもない限り、使用頻度の高いとは言えないプローブですが、万が一に巻き込まれたときには、動ける人間で救助をしなくてはならないために、必ず準備をしておきましょう。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
遭難の捜索用としては使わないですむのが理想だな
RELATED POST