雪遊び

【デブスノーボード】肥満体型のメリットとデメリット!注意しておきたい事とは

トマム

自然の中で楽しむことができるウィンタースポーツはとても楽しいものです。肥満体型でスキーやスノーボードを楽しむことができるのでしょうか?

もし体型を気にしてスノーボードを始めることをためらっているのなら、もったいないのですぐに始めましょう。

スキーブーツでスノーボードを滑ろう!余計な事を考えて始まったウインタースポーツライフの結末とはスキーブーツでスノーボードをゼロから始めたらどうなるのか? 私はもともとスキーを楽しんでいましたので、スキー用ブーツしか所有してい...
ゆっくりくん
ゆっくりくん
とりあえず行動しよう、めちゃくちゃたのしい

ただし肥満デブがスノーボードをするとき注意する点があります。残念ながら標準体型のスノーボーダーとまったく同じようにはなりません。

スノーボードは重力のスポーツ

スノーボートを楽しむときにお世話になるのは、重力です。重力は体重が多いほど良くも悪くも密接にかかわってくることだけは忘れないようにしましょう。

そして、あまりにも体重がある場合は適度に痩せたほうが(標準体型が理想)良いことは間違いありません。

スノーボードの楽しさがわかってくると、より楽しむためにオフシーズンは身体づくりに目覚める人もいるので、結果的にダイエットや健康につながっていきます。

 

トマム
ゆっくりくん
ゆっくりくん
体重はなかなかへらないな

スノーボードで体重が多いことのデメリット

板を装着することが難しい

いきなりですが、これがデブの現実です。

お腹の肉が邪魔をして、ラチェット式の(大多数普通のタイプ)ビンデイングを取り付けるのが難しいでしょう。

部屋で板をつけていなくてもできますので、しゃがんで足首に手が充分届くか確認しましょう。ウェアの厚さも考慮する必要があります。

無理だと感じたら、ステップインにするのもひとつの手です。ブーツとビンディングをそろえる必要があるので、高価になりますが、時間と体力の節約になります。

accublade
【YONEXアキュブレイド】ソフトブーツ用ステップインを使用するメリットとは!スノーボードのソフトブーツ用ステップインシステムは、現在はストラップタイプのビンディングが主流のため、あまり種類がありません。 ス...
ニセコ 
【アルペンスノーボード】ハードブーツのステップイン最強のINTEC!特徴と注意点はアルペンスノーボーダーが使用するハードブーツは、フリースタイルのソフトブーツよりもステップインに寛容で、共通のステップイン規格があるため...

立ち上がることが難しい

スノーボードで転倒してしまった場合のリスタートが、太っているとたいへんです。

トマム健常者、標準体型の目線

しゃがんだ状態から立ち上がる方法は。

立つ前になるべく板をお尻に近づけて、利き手と反対の手でスノーボードの谷側のエッジをつかみます

つかんだ手で板を引っ張ります。すると身体が起き上がってきますので、利き手で後の斜面を押します

反動で立ち上がることができますので、そのまま滑り始めます。

という流れが基本ですが、太っているとお腹の肉が邪魔をして谷側のエッジをつかむところから苦労します。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
つかめるけど・・・

エッジをつかむところまではできたとしても、そのあと片手で重たい体重を引き上げる作業が残っています。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
反発力など利用してもここができない

私は、急斜面でソフトブーツならばこの方法でおきあがることができますが、緩斜面でハードブーツのときはあきらめてもうひとつの方法でおきあがります。

トマム

もうひとつの方法は、うつぶせに体勢を入れ替えて起き上がる方法です。

トマム

この方法ならば、どんな場所でも起き上がってかんたんにリスタートすることができます。

トマム

ただでさえ大きな身体をジタバタさせますので目立ちますが、スマートに一連の流れをつくればむしろカッコイイです。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
それはない

転倒した場合はしょうがないのですが、コース横などに座る必要があるときは、リスタートのことを考えて停止することが重要です。

モデルは身長174cm体重100kgです

体温調節が難しい

体重が重いということは、自力で動くときにそれだけ余分な熱量(cal)が必要です。

人が動くために必要なパワーは100%利用できるわけではなく、calの2/3はただの熱として放出されます。

寒い冬山で信じられないかもしれませんが、デブがハイクアップしたら汗だくになって大変です。

恐羅漢

ゴーグルは顔からの汗でくもってしまいます。

スノーボード ゴーグル
【ゴーグル】スノーボードに目の保護は必須!曇らせない方法と快適に使うポイントとはスノーボードで山に登ったときに気をつけたいことが、眼の紫外線対策です。 スノーボードを始めたばかりの方と、話をしていて良く聞くのが...

さらに深刻なのは、インナーが汗で水分を含んでしまうことです。

これは発汗が収まり、運動量が落ちたときに身体を冷やす原因になります。脂肪を冷やしてしまうとなかなか元に戻らないため、インナーが水分を含んだままにならないように注意しましょう。

スノーボードを始めたばかりの方は、ハイクアップなどしないと思われるかもしれません。

慣れない板をつけたままの横移動、転倒と起き上がりの繰り返しなどで大量の汗をかいてしまいます。初心者の方も、体温調節を怠らないようにしましょう。

肌から水分を遠ざけるように、インナーにも気を使いましょう。ユニクロのヒートテックのような素材は避けたほうが無難です。

ニセコ ハイクアップ
【ヒートテックでスノーボード】肥満体型と初心者は危険?汗冷えで体温を低下させないためにヒートテックといえば、ユニクロを思い浮かべるほど大ヒット商品です。 熱を逃がさず体を温める機能性インナーということで一般的に知られ...

身体に負担がかかる

スノーボードは重力のスポーツということは、理解していただけたと思います。

そしてその重力が一点に集中してしまう身体の場所が膝です。通常生活でも膝には3倍から4倍の負担がかかっているといわれています。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
100kgだと400kgね・・・

スノーボードではもっと大きな負担がかかっていると考えられます。

膝はスノーボードの操作のためにいちばん重要な場所です。膝を柔らかく使うことで雪面の凹凸にも対応していきますので、もし膝が疲労してしまうとその日は終わったも同然になります。

筋肉の疲労よりも、関節の疲労の方が回復が遅いため、いかに膝を疲労させないかということに注意を払う必要があります。

肥満体型でスノーボードを楽しむ場合には、一日のうちで最大のパフォーマンスがだせる時間が短くなるということです。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
ペース配分を考えよう

空中の姿勢が安定しない

ジャンプやトリックをするようになれば、空中でひっくり返りやすくなることに注意が必要です。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
やらないよ

私はトリックをすることはありませんが、バックカントリーなどの思わぬ空中への飛び出しで、背中からや後頭部がら落ちることがよくあります。

お腹周りに肉が付いて、重心が高くなることを理解しておきましょう。

この場合は膝の負担なども考えて、ダイエットをしたほうがよいでしょう。

ヘルメットも、必須です。

スノーボードヘルメット
【スノーボード】ヘルメットを着用する5つメリット!スタイル別に失敗しない選び方スキーヤーやスノーボーダーのヘルメット着用率は年々増加しています。 ウインタースポーツでヘルメットを着用するべき理由とヘルメットと...

スノーボードで体重が多いことのメリット

とくにありませんが、それでは肥満体型が残念なのでかんがえてみました。

スピードがでる

直滑降が速いです。スピードにかんたんに乗せることができ、スピードが上がると見た目の体型のせいもあり、ものすごい迫力です。

ただし、カービングしてしまうと、雪の状態によっては雪面を大きくえぐってしまうため標準体型の方よりも必ずしも有利とはいえません。

止まるとき向きを変えるときにも、大きな力が必要になりますので、人ごみの中でスイスイというわけにはいきません。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
あれ?

まとめ

重いことはデメリットばかりではない・・・といいたいのですが、身軽なほうが良いのは間違いないです。

食べることが好きだったりして肥満でいることにも理由があるために、ダイエットといってもかんたんなことではないでしょう。

私も歳と共に楽しく滑ることのできる時間が減ってきたので、夏場はロードバイクなどで運動し少しでもよいパフォーマンスができるように心がけています。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
ウエイトはない方がベストだな

 

RELATED POST