雪遊び

【スノーボード】ホットワックスを安く済ませるために購入したパラフィンを湯煎してブロック状にしてみた

パラフィン 湯煎

スノーボードのホットワックスを安くすませるために、キャンドル用パラフィンを購入して使用しています。

パラフィンワックススノーボード用に
【ホットワックス】パラフィンで安価にスノーボードのベースワックスを済ませる方法スノーボードのメンテナンスにワックスは欠かせませんが、何回もホットワックスをかけていると、ワックス代もばかにできない金額になってきます。...

ペレット状のパラフィンを購入していますので、そのままですとバラバラして扱いが面倒です。

パラフィン 湯煎

ペレット状のパラフィンをスノーボードに並べて、ワックスをかけるのも不可能ではありません。

パラフィンの融点が低いので、並べて板の上で溶かしても板を焼いてしまうリスクは少ないです。

融点が低いということは、湯煎もかんたんにできますので、部屋にペレットをぶちまけてしまう前にブロック状に型を取っていきました。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
あくまで個人的感想なので、ペレット状がよい方はそのままでどうぞ

パラフィンを湯煎してブロックにしてみた

パラフィンを湯煎するためにジュニアコンパクトバーナー CB-JCBを使います。

パラフィン 湯煎湯煎の鍋はラージメスティンとアミを準備しました。アミを使用することで絶妙にかさ上げすることができます。

パラフィン 湯煎ひとまず、準備完了です。湯煎を開始していきます。

メスティンとあわせて購入しておきたい小物類まとめおしゃれな弁当箱としても活用できるメスティン。 メスティンを楽しく使うための小物をまとめてみました。 (随時更新) メステ...
パラフィン 湯煎

5kgのペレット状キャンドル用パラフィンです。はっきり言ってこのままですと邪魔です。

これを少しずつ、ブロック状にしていきます。

パラフィン 湯銭

ホームセンターで、ジップロックコンテナのような物を買ってきています。このコンテナの大きさの大きさになりますので、好みの大きさのものを購入しましょう。

あまり大きなものにすると、鍋に入らなくなり、小さすぎると、湯煎回数が増えて大変です。

写真のジップロックコンテナもどきで、およそ650mlの大きさです。

パラフィン 湯煎

58℃でこのパラフィンは固体から液体に変わっていきます。お湯を無理に沸騰させると吹きこぼれてしまいますので、弱火でパラフィンが液体に変わるのをじっくり待ちます。

パラフィン 湯煎

パラフィンが液体に変わると、透明になりますのでこの状態になったところで火を止めます。

お湯につけたままですと、冷えて固まるのが遅くなりますので鍋からおろします。

鍋からおろして、荒熱を取ります。このときに液体状に変化したパラフィンをひっくり返すと大惨事になりますので、落ち着いて安全な位置を確保してからジップロックコンテナ(もどき)を動かすようにしましょう。

ジップロックコンテナ(もどき)は3つ準備していましたが、パラフィンが固形化するスピードが遅くローテーションが間に合わなくなりました。

冬の作業でしたが、夏だともっとたくさんジップロックコンテナを準備したほうが快適に作業できます。

結果的に、ある程度固まったパラフィンから冷凍庫に入れて冷やすことで、ローテーションを維持することができました。

表面が固形化しても内部は液体状の場合がありますので、安易に力を加えると爆発することがあります

ゆっくりくん
ゆっくりくん
溶けたパラフィンが、火山の噴火を彷彿とさせたな
パラフィン 湯煎

冷凍庫にも入っていたので、写真のもので全部ではありませんがペレット状のパラフィンをワクシングしやすい大きさになりました。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
普通のワックスの5倍以上の大きさ、でかいよ

まとめ

大切な板を保護するために重要なホットワックスを、できるだけお金をかけずにやりたいという思いからパラフィンの湯煎を行いました。

スノーボード ワックス
【スノーボード】滑走性能とソールの保護に!ワックスの種類とオススメとはスノーボードの板は手入れを怠ると、寿命が縮んでしまいます。頻繁にゲレンデに行かれる方はもちろんですが、シーズンに数回しか行かれないという...

おそらく私だけで使うと、10年以上使い切るのに時間がかかってしまうでしょう。

この記事を見てやってみようと思われた方は、仲間で分け合いながら使う方法がオススメです。割高にはなりますが、少量のパラフィンから試されるのもひとつの方法です。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
10年ってあっという間だけどな
RELATED POST