自転車

【お尻痛い】デブでもお尻が痛くならないサドル選び、ロードバイク全体で考えたい3つのこと

ロードバイク サドル

スポーツ自転車に乗ったときに不快に感じるのが体の痛みです。

とくに、硬くて細いサドルはお尻が痛くなるため、クッションのよく効いたサドルに変えたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

ロードバイク初心者によくある、サドルとお尻の痛みについて考えてみました。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
初めて乗ったときはとても痛かった・・・

ロードバイクのサドル

サドルはハンドル、ペダルと共に自転車の乗るときに、体と接している重要なパーツです。

人によって相性の差が大きくでてくるパーツであり、レビューが良いからといってそれをうのみにすることはできません。

見た目のカッコよさで選んでよいと言ってしまえば、それで終わってしまうのですが、基本的なところを抑えておくだけで痛みを減らすことができます。

サドルの交換でお尻の痛みがなくなるのか

ロードバイクに乗り初めたころは、お尻の痛みはつきものです。そもそもお尻の痛みの原因はサドルだけのものなのでしょうか。

初心者の方は、ロードバイクの硬いサドルに慣れていない可能性が高いです。

ママチャリのような分厚いサドルに慣れていると、硬いサドルはまたがっただけで痛く感じるものです。

またロードバイクに乗り慣れていても、しばらく乗らないでいると、お尻の痛みは多少なりとも出てくるものです。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
スノボシーズンが終わって乗り始めは痛いよな・・・

ロードバイクに乗るときにどうしても付いてまわるお尻の痛みですが、サドルだけのせいにして、サドルを替えたらお尻の痛みがなくなると考えるのはお金の無題なる可能性があります。

サドル交換の前に見直したいチェックポイント

ロードバイクは基本的に身長に合わせたフレームサイズを購入します。前提として身長にあったロードバイクに乗っていることが必要です。

お尻の痛みをなくすために、サドルの高さは適切か

ロードバイクに初めて乗ったとき、乗車位置の高さに驚かれたことと思います。

交通量の多い道などでは慣れるまでこの高さがあだになって機敏な動きがとれなくなるかもしれません。

そのため、サドル位置を低めにセッティングされている方もいらっしゃるかもしれません。

スポーツ自転車専門店で購入すれば、サドル位置はきちんと合わせてもらえると思いますが、諸事情で自分自身でサドルの高さをセッティングしたときは低くなりすぎないように注意しましょう。

お尻の痛みの原因になります。

サドルの位置はペダルに足をのせて漕いだ時に、おろした方の足の膝がほんの少し曲がるくらいの高さが適正です。

低すぎるとお尻に力が集中しすぎて、痛みの原因になります。

また、高すぎても低すぎても膝の痛みの原因になりますのでサドル位置には注意しましょう。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
見た目重視でサドルを高くしすぎたら膝の裏が痛くなった
マドン 那覇空港 沖縄一周

お尻の痛みをなくすために、ハンドルの高さは適切か

ハンドルも体に触れる重要なパーツのひとつですが、ハンドル位置が高すぎたりしていませんか?

ハンドル位置はスポーツ自転車専門店で購入したとしても、ロードバイクに慣れていなかったり、体が硬かったりすると高めにセッティングされることがあるでしょう。

販売店としては、慣れていない前傾姿勢で乗車して事故をされたり、体の他の部分に痛みが出てきてはいけないという配慮があると思います。

しかし、これはお尻の痛みにはよくありません。ハンドル位置が高くなるとお尻に圧がかかりやすくなるからです。

最初は、ハンドルの下にたくさんスペーサーが入っているはずです。

タイレルRX

乗り込んでいくと体が柔らかくなり、前傾姿勢がとれるようになります。

少しずつハンドルを低くしていきましょう。もちろん下ハンが持てなくなるくらい低くしてしまっては本末転倒です。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
デブが下ハン持って走ると、お腹と太腿が当たるけどな

お尻の痛みをなくすために、ヘタレていないか

最後は、乗り方です。ロードバイク乗り初めのころは、ママチャリのときにやっていたようにサドルにしっかり座ってしまっていないでしょうか。

言い過ぎかもしれませんが、ロードバイクのサドルには座るものではありません。

慣れてくると、ペダルを回しているときは脚に常に程よい力が入っていて、サドルからお尻が(気持ち)浮いているような状態になります。

ロングライドでヘタレてくるとお尻が途端に痛くなります。脚を消耗して体のバランスが崩れてくるとあっという間に体のいろいろなところが痛くなります。

痛くなる前に、走り終える。

これができたら苦労はしないのですが、一番効果的です。

プロ級の人から聞いた話ですが、まったりサイクリングペースで遅い人に合わせて走るとお尻が痛くなるそうです。

痛くならない距離、ペースを見つけ出して少しずつでも走行のレベルアップすることがお尻の痛みをなくす究極の方法です。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
坂道が続くとお尻が痛くなるなぁ

痛みをなくすためのサドルの交換は意味がないのか

私は鈍感でお尻の痛みがあっても、サドルを交換しても、違いはわかりませんでした。

しかし突然の出会いがあったのです。

「Paradigm XXX Carbon」というサドルですが、薄い硬い軽いと、「お尻の痛みを我慢しないといけないサドルなんだろう」と思いながら完全にロードバイクとの見た目で購入しました。

Paradigm XXX Carbon

しかしこれが良い意味で期待を裏切りました。お尻が痛くなる回数が圧倒的に減ったのです。

誰にでも合うわけではないので、安易にオススメできないのが残念です。

最初からサドルのみで痛みの解消を目指すのではなく、ある程度乗り慣れてからスポーツ自転車を扱うお店でテストサドルを借りてみるのも安価に済ませる良い方法です。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
過度の期待は禁物・・・サドルは気にしない方が幸せかも

カッコ悪いので使ったことはありませんが、意外に安くアイデアグッズもあるようです。

まとめ

お尻の痛みはある程度、慣れが必要です。お尻が痛くなったら座らないで立って乗るのもひとつの手です。

ガチレースをするのではなく、肥満解消や健康維持のためのサイクリングならそれで充分と考えています。

体力をつけ、ロードバイクに乗り慣れていろいろなサドルを使っていくうちに、相性の良いサドルに巡り合うことができるでしょう。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
無理に探すとプラシーボにかかる可能性あり・・・それも良し?

 

RELATED POST