アウトドア

VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ  アルコールストーブのオススメ五徳として購入

VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ

アメリカのアウトドアギアブランド「VARGO(バーゴ)」の有名なチタン製ウッドストーブを購入しました。

アルコールストーブの五徳としてぴったりの大きさと、小枝を拾ってきて焚き火台としても使える優れものです。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
小枝で調理はすこし厳しいかも

VARGO チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ

VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ
バーゴ製品の中でも人気が高いのが、このチタン製ヘキサゴンウッドストーブです。超軽量でコンパクトに畳めて、さらにアルコールストーブの燃焼効率もよくなり、さらにさらに焚き火を眺めながら一杯飲めるという欲張りな一品です。

VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ
ここまでコンパクトに折り畳むことができます。組み立てた時のシンプルで機能性重視の見た目が道具を所有する喜びを満たしてくれます。

Amazon価格が安定して安値を付けていますので、ひとまずご確認していただけたらと思います。

バーゴのヘキサゴンウッドストーブは2種類で、チタン製とステンレス製があります。

見た目と大きさはほぼ同じですが、重量がおよそチタン製116g、ステンレス製210gとステンレス製のほうが重たくなります。

価格はチタン製のほうが高価ですが、ステンレス製でもAmazon価格で4200円程度と決して安いわけではありません。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
2000円の差なら、焼け色が美しいチタンかな・・・
VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ

組み立てたところです、キャンプ用品として使えそうな道具としての雰囲気も最高です。

ただし、焚き火台としては足が短いので、おそらく下が焦げてしまうでしょう。机の上などで小枝を使っての調理や焚き火は気を付けたほうが良いでしょう。

直火禁止の、キャンプ場でも直火と変わらないので芝生などを焦がさないようにマナーを守って使用する必要がありそうです。

アルコールストーブとの相性

trangia(トランギア) アルコールバーナーを置いてみました。

VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ

トランギア製のアルコールストーブが他社に比べて少しだけ大柄なので、同じ会社の製品化と思うくらい、ぴったりの大きさになりました。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
わざとだろこれ・・・

風に弱いアルコールストーブの必需品として、VARGO チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブは活躍しそうです。

RSRアルコールストーブ
アルコールストーブの選び方、使い方を解説!自腹購入済みのオススメストーブを比較軽くて火力のあるアルコールバーナーは、アウトドアでスマートに利用すると雰囲気をもりあげてくれます。メスティンなどの調理器具とも相性がよく...

まとめ

VARGO チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブは軽量でかさばりませんので、キャンプ道具に追加しておいても邪魔になりません。

アルコールストーブの風防として、アルコールストーブを使わないときでも焚き火台として活躍してくれます。

ぜひ、キャンプ道具の中に加えて、キャンプを楽しみましょう。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
キャンプに炎のゆらゆらは必要
RELATED POST