自転車

【ロードバイクの洗車】お手軽ワックスでこまめに洗車したほうが良い理由とは

ロードバイク 洗車 ワックス

ロードバイクに乗ってサイクリングすると、いろいろなものが付着します。

フレームの上から付着するのは汗や飲み物、フレームの下にこびりついているのは土や砂ぼこり、山道を走ると植物の樹液が固まったようなものまでこびりついています。

汚いままにしておくと、フレームにもよくないですし、ついてしまった傷を見落としてしまっているかもしれません。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
傷はつきものだけど、無駄な傷は避けたい

とくに新しく買った自転車は、乗り方のクセによって思わぬところに傷がつく恐れがあるので、こまめに洗車して傷のチェックをしておきたいところです。

【デブロードバイク】肥満体型が自転車に楽しく乗るための機材(パーツ・グッズ)の選び方肥満体型のロードバイクパーツ選びを考察してみました。デブの重量は自転車のパーツにかなり負担をかけています。 60kgの標準体型を前...

FINISH LINE ショールームポリッシュ&プロテクタント

FINISH LINE (フィニッシュライン) ショールームポリッシュ&プロテクタントは比較的安価なワックスでこまめに使用しても気になりません。

本格的なコーティングはサイクリングの度に使うのは時間の無駄です。

雨天走行の後など、ドロドロに汚れてしまったときなどを除いて、水洗いもできるだけ避けたいところです。

毎回汚れをためずにフレームをきれいにしておけば、結果的に洗車にかかる時間を減らすことができます。

汚れが新しく少ない間ならば、気軽にワックスと洗車を一度に済ませてしまうことが可能です。

ロードバイクの洗車

基本的に洗車は嫌いな方なのですが、汚いまま乗るとトラブルに気づかないまま乗ってしまう可能性があるのでできるだけ状態を確認するために手入れをするようにしています。

手入れといっても、メンテナンス作業をするわけではありません。いつもと違うところがないかを確認するだけで充分です。

重大なトラブルを防ぐために、日頃から状態を見てあげることは重要ですが、洗車にこだわりすぎて時間が取れなくなることは避けなくてはいけません。

FINISH LINE ショールームポリッシュ&プロテクタントを使う理由は、扱いがかんたんだからです。FINISH LINE ショールームポリッシュ&プロテクタント タイレルRX

汚れが少ないときはそのまま塗っていって大丈夫です。

ただしゴシゴシこすってはいけません。乾くと白くなるワックスと違ってムラにならないためにやさしく塗り込むのがコツです。

FINISH LINE ショールームポリッシュ&プロテクタント

こびりついた汚れはそのままこするとキズの原因になりますので、FINISH LINE ショールームポリッシュ&プロテクタントをキッチンペーパーに染み込ませてかぶせておきます。

汚れが柔らかくなってから、できるだけ力を入れずにふき取りましょう。

FINISH LINE ショールームポリッシュ&プロテクタント タイレルRX

クロモリロードのタイレルRXの表面ですが、塗装のメタリックがキラキラして、とてもきれいにワックスをかけることができました。

ワックスをかけるときはできるだけ気温が低く、直射日光の当たらないところで作業しないとムラになったり洗車の難易度があがります。

FINISH LINE ショールームポリッシュ&プロテクタントは部屋の中でも使えるくらい気軽なワックスです。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
独自の香りがあるけどな

汚れをためる前に落とすのが、傷をつけないコツです

まとめ

いろいろなワックスを使ってきましたが、FINISH LINE ショールームポリッシュ&プロテクタントは、値段と使いやすさと輝きのバランスが優れており、このワックスしか使っていません。

大きいサイズもあるため、こちらの方がリーズナブルです。

ロードバイクは、丁寧に扱われている方が多いと思います。ワックス選びもかんたんお手軽でサイクリング毎に使えるものが良いのではないでしょうか?

効き目は最高だけど、施工がシビアで時間もかかってしまうようなワックスを洗車の度に使うのは大変です。

持続性は劣るかもしれませんが、サイクリングの度にワックスすれば輝きは維持できます。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
ロングライドの後は汗やドリンクの汚れでベタベタだからな
RELATED POST