自転車

ツール・ド・のと400チャンピオンコースに必要な持ち物リスト

ツールドのと400 受付

ツール・ド・のと400チャンピオンコースは、3日間かけて能登半島を一周する自転車イベントです。

スタートとゴールの位置が違うため、宿泊セットをトラックに載せて運んでもらう必要があります。ツールドのと 荷物を運ぶトラック

預かってもらえる荷物はひとつまで、そして大型トラックの荷台に直積みされるために適切にパッキングされている必要があります。

ツール・ド・のと400チャンピオンコース 荷物の運搬

まず、パッキングするためのカバンを決めます。

そして、どんなカバンにも言えることですが、ゴール地点ではこのようにトラックから降ろされています。

衝撃に耐えられるようにパッキングできるカバンにしておきましょう。

ツールドのと 荷物を運ぶトラック
ゆっくりくん
ゆっくりくん
スーツケースの強者もいるが・・・

絶対に自転車に乗って荷物を移動させない自信があれば、大きめのスーツケースやスポーツバッグでも良いでしょう。

ここでは、自転車でも移動できるように荷物を厳選していきたいと思います。

ツール・ド・のと400チャンピオンコース リュック

手持ちのリュック中で、容量が大きく軽量なDEUTER(ドイター) Giga Bike (ギガバイク)に必要な荷物を詰めていきます。

ツールドのと400 ドイター

ヘルメットホルダーが、シューズケースを固定するのに便利です。

SPD-SLを使用している方は別に普段履きの靴が必要になりますので、ヘルメットホルダーがあるリュックにしておけばリュック容量の節約になります。

関連記事:【DEUTER Giga Bike】サイクリングも撮影も楽しむためにカメラバッグとして購入してみた

ツール・ド・のと400チャンピオンコース 必要な物

関連記事:【ロードバイク】宿泊サイクリングに準備しておきたい持ち物リスト!必需品とオススメグッズ

基本的には、以前に書いている記事の応用になります。

記事抜粋

・必需品
ヘルメット
ジャージ・レーパン・靴下・手袋
シューズ
サングラス
スペアタイヤ・スペアチューブ
ポンプ・CO2ボンベ
・必要な物
鍵・ワイヤーロック
携帯電話・クレジットカード
着替え・短パン・靴下
折り畳みシューズ
輪行袋・ホイールバッグ
芍薬甘草湯
USB充電器・ケーブル・電源分配器・USBバッテリー
・重くなる物
アクションカム AS300
コンデジ RX100シリーズ
ミラーレス α5100とレンズ

関連記事では、荷物をサイクリング中に背負って走る前提で書かれています。ツール・ド・のとでは、もう少し快適に過ごせるように便利アイテムを増やすことができます。

洗濯ネット

「ツール・ド・のと」の楽しみの一つが、民宿のお泊りでしょう。

「ツール・ド・のと」で案内される民宿では、一般のお客を入れずに参加者のみの宿泊となります。

この時に、民宿ではサイクルジャージの洗濯サービスを行ってくれます。

そのために洗濯ネットは必須になります。必ず準備していきましょう。

洗濯ネットと、バッグを兼ねることができるアイデアグッズです。

洗濯ネット単体でみるとネットが厚手に作られており、購入したときは失敗したかと思いました。

「ツール・ド・のと」を走り終わった後に、ヘルメットやグローブ、サングラスなど小物を入れて移動することができ、大活躍しました。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
小物をとりあえず放り込めるので便利

電源分配器(電源タップ)

携帯電話、サイクルコンピュータ、テールランプなど充電式のサイクル用品は増加傾向にあります。

民宿のコンセントは一部屋に2ヶ所程度が普通でしょう。

確実に足りませんので、準備しておきましょう。

ホームセンターで好きなものを購入すればよいです。

私は何個も買いなおした結果、このタイプが最小サイズで愛用しています。

アミノ酸などのサプリメント

3日間連続で走行することになる「ツール・ド・のと」では、翌日にいかに疲れを残さないかが重要になります。

ここでアミノ酸の力を借りて、筋肉の回復に努めましょう。

アミノ酸の中では比較的安価なアミノバイタルをいつも愛用しています。

関連記事:【デブ補給】重量級サイクリストだから適切に摂りたいBCAAとロードバイクの関係

エアクッション(プチプチ)

「ツール・ド・のと」では夜間自転車を管理・保管してもらえます。

ツールドのと400 自転車の保管状態

保管時に何もないと信じたいのですが、私自身ディレイラーハンガーが曲がっていました。

他の参加者の方でもディレイラーハンガーが曲がっていて、アウター縛りで2日目を走行したとの話を聞きました。

次回からはエアクッションでリアディレイラーを保護したいと考えています。

自転車屋さんに行ってエア部分の大きなエアクッションをもらっておくと良いでしょう。

ツール・ド・のと400チャンピオンコース 要らない物

運営側で準備してある物や不必要と感じたアイテムです。

大型の空気入れ(フロアポンプ)

スタート地点で借りることができます。

荷物になりますので、必要ありません。

レンズ交換式カメラ

これは完全に趣味の範疇ですが、重たいカメラを持っても使いませんので不必要です。

コンデジと、アクションカムですべての写真を撮りました。

SONY Cyber-shot DSC-RX100M6
高級コンデジRX100M6開封実写レビューM3と比較撮影してみたSONY Cyber-shot DSC-RX100M6は、ソニーのサイバーショットシリーズの6代目となります。このカメラはオールラウンド...
AS300
【HDR-AS300】後継機が出てこない完成されたアクションカム!オススメアクセサリーも解説SONY HDR-AS300は2016年に発売されたアクションカムです。 2012年のHDR-AS15の発売以来、毎年のようにモデ...

ハンガーなど

ハンガーや古新聞(シューズに詰めます)などは民宿で何とかなりますのでもっていかなくて良いでしょう。

まとめ

民宿に宿泊するということで、不便そうに感じますが、快適に過ごすことができます。

宿泊についてはあまり気にせずに、サイクリングに関する物を優先して準備しておくと良いでしょう。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
離島の民宿で耐性ついたかな・・・
2019ツールドのと1日目金沢~輪島140km
【2019ツール・ド・のと1日目】金沢~輪島140km2019年第31回ツール・ド・のとチャンピオンコース(3日間コース、全長400km)の備忘録です。 1日目は金沢から輪島までの14...
2019ツールドのと2日目輪島~和倉温泉160km
【2019ツール・ド・のと2日目】輪島~和倉温泉160km2019年第31回ツール・ド・のとチャンピオンコース(3日間コース、全長400km)の備忘録です。 2日目は輪島から和倉温泉までの...
2019ツールドのと3日目和倉温泉~金沢120km
【2019ツール・ド・のと3日目】和倉温泉~金沢120km2019年第31回ツール・ド・のとチャンピオンコース(3日間コース、全長400km)の備忘録です。 3日目は和倉温泉から金沢までの...
RELATED POST