FX

【初心者FX】ポジポジ病になってしまった・・・エントリーしていないとイライラするときの対処法

ポジポジ病 

初心者がFXを始めて陥りやすい失敗に、意味もなくエントリーを重ねて損失をだしてしまう「ポジポジ病」があります。

私も、FXの取引に慣れてきて「ポジポジ病」になりやすい性格の疑いが出てきました・・・

関連記事:【初心者FX】きっかけは老後資金2000万問題・・・お金を貯めるためにFXを始めてみました

ゆっくりくん
ゆっくりくん
常に参加していないと気が済まない

ポジポジ病とは

「ポジポジ病」とは、無駄にエントリーを重ねてポジションを持ちすぎてしまうことです。

トレードをしないといけないという強迫観念にとらわれてしまい、エントリーしなくてもよいところでエントリーしてしまう病気を「ポジポジ病」といいます。

ただし、資金管理ができていればポジションをたくさん持つこと自体が悪いことではありません。

エントリーを繰り返して利益を上げることがができている間は気にならないのですが、それならばなぜ「ポジポジ病」が病気扱いされているのでしょうか?

行き当たりばったりのエントリーでは、利益が出ていても再現性が無く、ポジションを多く持つことにだけ慣れてしまい、結果的に損失が膨らんでいってしまう可能性が高くなります。

ポジポジ病が発症するとき

FXを始めようと思ったきっかけは、ひとつしかないと思います。

「儲けたい・利益を出したい」

稼ぎたいという気持ちはとても大切で、FXを勉強していく原動力になります。

ただし、この気持ちがトレードに対して悪い影響を与えてしまうことがあります。

トレードが成功して人に自慢したくなったとき

相場の読みが当たって利益が出ているとき、家族や友人に自慢したくなったときはありませんか?

トレード中に有頂天になったときはありますか?

このような精神状態では、利益に固執してしまい正常なエントリーができていない可能性があります。

損をして取り戻したいと思い始めたとき

自慢したいとは全く逆になりますが、負けが続いたときに必死になってしまったことはありませんか?

1日の終わりで、利益が減ってしまいせめて元の水準まで・・・

トレードがかみ合わなくなって損失が出始めているのに、ムキになってエントリーすると悲惨な結果になります。

利益を逃がしてしまったとき

だれでもあると思いますが、ポジションを持たずにチャートを眺めていると、思っていた方向にグングン伸びてしまうことがあります。

エントリーしなかったことはルールに基づいて取引を行っていることなので悪いことではないのですが、儲けそこなったという焦りが、無意味なエントリーを始めてしまう可能性があります。

ポジポジ病とはエントリーが適当になっているということ

では、根拠のないエントリーを繰り返さないためにはどうすればよいのでしょうか?

みんな大好きな言葉「機会損失」

「機会損失」という言葉をご存知でしょうか?Twitter界隈で稼ぐ話が流れてくると、よく使われていることに気づきます。

なにもアクションを起こさないでプラマイゼロならば、それは時間を浪費しただけでマイナスになっていること、という意味でよく使われていますが、FXのエントリーに関しては「待つこと」も大切です。

ポジポジ病になりやすい人は、日常生活でFXのことばかり考えている真面目な方が多いと思われます。

研究熱心はFXの上達に欠かせませんが、常にお金を増やすことばかり考えていてはよいエントリーができません。

「相場は明日も開く」という金言にもあります。

儲けそこなったという感情は持たないようにしましょう。

トレードの管理

冷静に分析するとFXの勝率は上がっていきます。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
FX初心者が偉そうだな

記録をつけていけば、多少の浮き沈みは関係ないことがわかります。

自分のルールを作っていけば、動揺からくるポジポジ病を回避することができるでしょう。

 まとめ

ポジポジ病にならないために記事を書いていきましたが、結局「トレードに自分の気持ちをいれない・冷静に取引をする」ということです

相場に足を踏み入れたら、嫌でも辞めることはできません。相場にはそれほどの魅力があります。

焦ることは何もありません。資金を無くして退場しない限り、トレーダーに負けはないでしょう。

RELATED POST