MOSS SNOWSTICK

【スノボ】MOSS SNOWSTICK購入した6本を紹介、パウダーだけでなくいろいろな楽しみ方が魅力的

MOSS SNOWSTICK

モススノースティック「MOSS SNOWSTICK」の板でスノーボードを楽しく滑ることができたことから、気になる板をどんどん買い足してしまい今日に至っています。

最初の一枚はAP67でしたが、カービング一辺倒だったそれまでのスノーボードライフは一変しました。

それまでは、私の腕(脚)の無さを雪質のせい、圧雪のせいにしていて、今考えると恥ずかしい話ですが、下手くそを他の要因のせいにして上達はほとんどできなかったように感じます。

自然相手のスポーツに全く同じコンディションはありません。

いかに雪質を楽しむかはすべて、滑り手次第になります。

雪質が悪いから楽しくないということはありません、雪質に合させた遊び方をすることで上達をすることができます。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
もっと早く買っていれば、時間を無駄にしなかった

肥満中年スノーボーダーでも、脚が続く限り精進していきたいと思います。

MOSS SNOWSTICK

MOSS SNOWSTICKの感想を入れながら紹介していきます。

私のスペックは、身長174㎝、体重100㎏で、スタイルは雑食で楽しいと思うことすべてチャレンジしています。

1日滑ると膝に疲れがたまり雪面からの衝撃をいなせなくなります。

バッチテストなど、客観的に評価できるものは受けたことがありません。

スノーボードを始めたときにスクールに入りましたが、そのあとは自己流です。

デブで身体が硬く危険ですので、パークには入りません。

そんな私が、感じたことを勝手気ままに書いていきたいと思います。

基本的にMOSS SNOWSTICKはパウダーボードとして使われることが多いと思いますので、最初はパウダーに飛び込んでいくことを想定して選択していけばよいでしょう。

【パウダーボード】特徴と選び方!初心者ほど購入してかんたんに非圧雪コースを滑るべき理由とは

AS-300 ニセコ
【パウダーボード】特徴と選び方!初心者ほど購入してかんたんに非圧雪コースを滑るべき理由とはパウダーボードというと、上級者が上級コースやバックカントリーに滑りに行くために、所有しているイメージを持たれるかもしれません。 実...

MOSS SNOWSTICK AP67

MOSS SNOWSTICK AP67は、私が一番最初に購入したモススノースティックの板です。

この板を購入した当時は、ハードブーツしか持っていませんでした。

なぜそのようなことになったのかといえば→スキーブーツでスノーボードを滑ろう!余計な事を考えて始まったウインタースポーツライフの結末とは

スキーブーツでスノーボードを滑ろう!余計な事を考えて始まったウインタースポーツライフの結末とはスキーブーツでスノーボードをゼロから始めたらどうなるのか? 私はもともとスキーを楽しんでいましたので、スキー用ブーツしか所有してい...

AP67を購入した当時は、まだまだ頭でっかちでハードブーツでカービングのキレを追い求めることこそ、スノーボードの醍醐味と思っていました。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
その考えはAP67購入後、1シーズンで変わってしまった

シーズン終了後、PT64、ソフトブーツを予約するほど、MOSS SNOWSTICKの懐の深さは衝撃的でした。

MOSS SNOWSTICK AP67 ニセコグランヒラフ

アルペンボードとしてはびっくりするぐらい乗りやすい板です、レーシングにつかれたらこの板がよいでしょう。

カービング★★★★★
パウダー ★

【MOSS SNOWSTICK AP67 レビュー】モススノースティック遊べるアルペンボードとは

MOSS SNOWSTICK AP67
【MOSS SNOWSTICK AP67 レビュー】モススノースティック遊べるアルペンボードとは実はMOSS SNOWSTICK(モススノースティック)にハマるきっかけとなったのがAP67の購入でした。 アルペンボードなのに、...

MOSS SNOWSTICK APPT

MOSS SNOWSTICK APPTは、MOSS SNOWSTICK AP67より不整地に強くなっています。

私がMOSS SNOWSTICK APPTを購入した理由は、MOSS SNOWSTICK AP67でパウダーに飛び込むと、100㎏の体重のせいで沈んでいくためです。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
デブならではの悩み

MOSS SNOWSTICK APPTも、MOSS SNOWSTICK AP67にしても「ザ・ディ」といわれるようなパウダーディにに使う板ではありません。

1枚しか遠征に持っていくことができないとき、コンディションが読めないときはMOSS SNOWSTICK APPTの懐の深さは頼りになります。

カービング★★★★
不整地  ★★★

【MOSS SNOWSTICK APPT レビュー】モススノースティックパウダーでも楽しめるアルペンボードとは

APPT ニセコ 羊蹄山
【MOSS SNOWSTICK APPT レビュー】モススノースティックパウダーでも楽しめるアルペンボードとはMOSS SNOWSTICK(モススノースティック)のアルペンボードラインアップの中では一番新しいモデルがAPPTです。 MOSS...

MOSS SNOWSTICK LONG

MOSS SNOWSTICK LONGはとにかく、規格外です。

楽しさを見出すまでに体力が削られます。DVDでプロの滑りを見てひとめぼれしたのですが、使いこなせていません。

ハードブーツでも乗れる板のようですので、ハードブーツでも乗ってみたいと思っています。

自由に行動できるときに、使い込んでみると良いでしょう。

ヒトリスト★★★★★
体力温存 ★

【MOSS SNOWSTICK LONG レビュー】セッティングが重要なロングボード!雪面からの抵抗も規格外

MOSS SNOWSTICK long
【MOSS SNOWSTICK LONG レビュー】セッティングが重要なロングボード!雪面からの抵抗も規格外186cmもある規格外の全長をもつ「MOSS SNOWSTICK LONG」は見た目でしり込みをしてしまう迫力があります。 実際は...

MOSS SNOWSTICK PQ60

MOSS SNOWSTICK PQ60はソフトブーツでもカービングを攻めていきたいときに使うようにしています。

ただし、体力もそれなりのスピードで消耗していきます。遠征中など連続で滑るときは、はしゃぎすぎないように注意が必要です。

スピードが乗った状態で、圧雪、不整地を気にせず飛び込んで行けるため、周りからはとても楽しそうに滑っているように見えるそうです。

カービング★★★★
不整地  ★★★★

【MOSS SNOWSTICK PQ60 レビュー】モススノースティックカービングも楽しいパウダーボード 

pq60
【MOSS SNOWSTICK PQ60 レビュー】モススノースティックカービングも楽しいパウダーボード ここ最近、ゲレンデでも必ず見かけるようになった「MOSS SNOWSTICK」の中からPQ60(PERFORMANCE QUAD 160...

MOSS SNOWSTICK PT64

MOSS SNOWSTICK PT64は、モススノースティックにハマり始めた頃に購入した板です。

ハードブーツしか持っていなかったため、ソフトブーツとセットで購入しました→【YONEXアキュブレイド】ソフトブーツ用ステップインを使用するメリットとは!

ハードブーツでしかスノーボードをしたことがなかった私にとって、ソフトブーツの足裏感覚は衝撃的でした。

雪の状態が、脚にダイレクトに伝わってきます。雪面の状態がよくわかり、こける気がしなくなりました。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
こけるけどな

安定感 ★★★★★
不整地 ★★★★

【MOSS SNOWSTICK PT64 レビュー】最初に購入する板悩んでない?違和感なく乗れるパウダーボード

パウダーデー 瑞穂 pt64
【MOSS SNOWSTICK PT64 レビュー】最初に購入する板悩んでない?違和感なく乗れるパウダーボード滑りたいスタイルに合わせて、多彩なボードから選ぶことができる「MOSS SNOWSTICK」の中から PT64 を購入しました。 ...

MOSS SNOWSTICK U4

MOSS SNOWSTICK U4は、モススノースティックの中でも歴史のある板で長く愛されてきた板です。

いかにもパウダーボードといった形状ですが、パウダーボードというよりは取り回しの良さから地形を楽しむ板といったところです。

パウダーでは、後ろの部分が沈むためスピードが落ちます。余裕を持ってツリーランなど入っていくことができます。

そのかわり、大きな弧を描くような滑りをするときは、前足をしっかり踏んでいかないとスピードが落ちてしまって楽しめないかもしれません。

操作性 ★★★★★
広い所 ★★

【MOSS SNOWSTICK U4 レビュー】雪質関係なく全地形を楽しめる板サブボードにオススメ

MOSS SNOWSTICK U4
【MOSS SNOWSTICK U4 レビュー】雪質関係なく全地形を楽しめる板サブボードにオススメモススノースティック「MOSS SNOWSTICK」の中ですぐ思い浮かべるボード形状といえばUシリーズではないでしょうか? MOS...

まとめ

MOSS SNOWSTICKは、基本的にカラーリングは変わりますが、モデルチェンジはありません。

比較的安価な板を販売しているメーカーでもあります。

これからも気になる板がでてきたら、買い足す予定です。

ゆっくりくん
ゆっくりくん
同じメーカーで乗り比べると楽しい
MOSS SNOWSTICK ラインアップはこちらから

 

RELATED POST